運に愛されるオンナ運に捨てられるオンナ<藤岡リナ公式ブログ>

藤岡リナ鑑定恋愛鑑定恋愛は藤岡リナ開発の開運成就恋愛法で恋愛成就。 藤岡リナ開運本情報を中心に恋愛成就 神社や恋愛成就 パワースポット もとりいれながら、 恋愛成就法のサイトで恋愛成就できない貴女や、 あなたにあった、恋愛成就方法を藤岡リナがコーディネイトしていきます。 最初から恋愛成就法や占いで 回り道をしたくない貴女に・・・ 藤岡リナの100%恋愛成就の奇跡である、 開運成就恋愛法が存在します どんなに難しい状況でも恋愛成就!

タグ:藤岡リナ

恋愛成就が遅くなる人


それはどんな人だと思いますが?

ズバリ、恋愛成就を焦っている方です。



「早く結婚したい」
「早くしないと子供がつくれなくなる・・・」

気持ちはわかります。
でも。焦れば焦るほど恋愛成就に
時間がかかってしまうのです。

今、結婚しているイメージングしているのに

いつ頃、結婚出来るのか?
なんて、焦るのでは潜在意識に

未婚の焦っている自分を深く認識してしまうので

イメージングを自ら、壊してしまっているのです。

恋愛成就は焦るのではなく迅速に行動すること。

これが一番の近道でもあるのです。


ハートティアラ
http://hearttiara.com/

桜のつぼみ日に日に大きくなり
まだ寒いですが春はもうすぐですね。


恋愛成就したら、あなたの人生は春そのもの。

恋愛成就が早い人は一体どんな人だと思いますか?


それは
恋愛成就の鑑定でも自分から意欲的に
質問をして、行動をする人は恋愛成就も早いものです。

ただ、こちらから言われたことを聞いているのではなく
言われたことのさらにプラスして行動して質問してくる人。
幸運体質でまさに「運に愛されるオンナ」です。


恋愛成就のセッションはこちらからのアドバイスをしても
本人が行動に移さなければ何も変わらないものです。

自分から意欲的に動くことで現状を覆していくのだから。

恋愛成就で幸せな結婚を叶えるためにも
どんどん、質問してくださいね。

http://hearttiara.com/

1日に自分の顔は皆さん何回くらい
チェックをしますか?


チェックをしたときに口角は上がっていますか?

どんなにつらい時や悲しい時でも
笑顔が作れる人は運に愛されるオンナです。

運に愛されるオンナは口角も上がっています。

逆に口角が下がっている人は
運に捨てられるオンナです。


辛い時ほど運は試されるものです。
泣き顔や口角が下がっていると不幸に好かれてしまいます。



作り笑いでも幸せホルモンが分泌されるのはご存知ですか?
無理をしてでも口角を上げて笑顔でいましょう。

そうなれば運を味方につけあなたも運に愛されるオンナです。

ハートティアラ
http://hearttiara.com/

藤岡リナ鑑定事務所スタッフの岡村です。

成人の日。
新成人が生まれた時はどんなことがあったのでしょう?
調べてみたら世界初のクローン羊大きな話題となった年でもありました。

そういえばそんなこともあったのも
もう20年経ってしまったのですね。

時は立つのは早いものですが

あなたの周りに昔話ばかりして

「あの頃はよかった」
と言っている人はいませんか?

でも、過去の話ばかりをする人は実は運に捨てらるオンナのかんがえです。

運に愛されるオンナは、未来を語ります。

過去が良かったとしても、今が良くなければその人生はつらいものですよね。

5年先10年先と先を見れる人は後ろを振り返らずに
自分が良くなることを考えて行動しているからです。

思考の差で人生は大きく変わってしまうのです。

例え、今運に捨てられるオンナの思考だとしても
運に愛されるオンナの思考に変わることが出来るのです。

未来を作るのは自分次第なのです。

ハートティアラ
http://hearttiara.com/

横浜は風が強く外は嵐の様ですが
皆さんの地域はどうですか?
横浜に引っ越してきて思うのですが風が強い事です。

特に、横浜元町は港があり海が近いからなおさらでしょうね。
ところで、日本の三大港は皆さんどこだと思います?


横浜、名古屋、は有名ですが残り1つはどこだと思いますか?


千葉なんだそうです。

皆さんはご存知でしたか?

私は、千葉ではなく神戸だと思っていました。


神戸と言えば福男で有名な恵比寿様の神社がありますよね。

一番いなれた人がその年の福男ですが

何でも行動の早い人は運に愛されるオンナです。

例えば、今日の仕事を明日に残さない。

後でやればいう考えでは運に捨てられるオンナなのです。

何事も早め早めの行動が運に愛されるオンナの特徴です。

ハートティアラ
http://hearttiara.com/


このページのトップヘ